スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の夏。
タイと一緒に観ようと思い
買っておいた「はだしのゲン」のDVD。
なかなか一緒に観る機会がなく
先日、一人で観ました。

涙と鼻水があふれました。




戦争は絶対しちゃいけない。







夏休みも残りわずか。
タイと一緒に観れるかなあ。






「はだしのゲン」のDVDを観る前に
山崎豊子の戦争三部作と言われる
『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』も読み
浅田次郎の『終わらざる夏』も読んだ。
私のとっての終戦65年の夏。

  
コメント

これ、数年前にテレビで見ました。
トモも大号泣していました。

戦争の悲惨さもさることながら
ゲンのたくましさにも感激した記憶が。
あんな風に強く生きる事が出来るって
すごいですよね…
---------- なほ. URL│08/19. 16:16 [ 編集 ] -----

●なほさん。
私はテレビで見なかったんですよー。
そうでしたか。トモくん、大号泣でしたか。
放映されたのはトモくん、小一の頃だと思うのですが
感受性が豊かな男の子ですものね。
広島のお話だから尚更だったかも知れませんね。

私もこのDVDを見ながらなほさんのことを思っていました。
なほさんが住んでいた元気な広島。
でもたった65年前にはあんな悲惨な状態だったのですね(涙
ゲン・・・作者の中沢 啓治さんの姿だと思うのですがすごいですよね。
---------- 花りんご. URL│08/20. 15:29 [ 編集 ] -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。