スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


550


最近、数字の「550」がお気に入り。
外気温を見ては
「もし550度だったらどうする?」
体温を計れば
「もし550度だったらどうする?」
年齢では
「大きくなって550歳になったら・・・」

ありえませんから(笑


そして550よりもっと大きな数字があるのかと
聞くので「551だよ。」と答えたら
「へえ~~。」と感心してくれた(笑
更に次々と「もっともっとも~~っと大きな数字ある?」と聞くので
数字の単位で最高(?)のを調べることにした。
それは「無量大数」。
10の88乗だそうだ。0がたくさ~~~ん。

「無量大数のお金があったらサイレンビルダー買える?」

ええ、ええ、買えますとも(笑


スポンサーサイト
欲しい~


まだ腹這いでの前進が苦手がミイ。 
 
おすわりの状態から必死に身体を延ばして獲物をとりにいきます。 
それがたいていタイのおもちゃ。 
頑張って手に入れた瞬間 
「ミイちゃんは舐めるからダメ~!」とタイに即座に奪い取られます。 
それでも「あ~、あ~!」と泣き叫びながら欲しいと意思表示します。 
 
タイの時は当然のことながら 
誰からもおもちゃを奪い取られることがありませんでした。 

2番目はやっぱり逞しくなりますね。


危険な男


私はいつもタイとミイの間に寝ています。
この日の夜、二人と寝かしつけた後隣室にいると
「う~、う~。」と助けを求めるようなミイの声が聞こえてきました。
行ってみるとタイの足がミイの腹の上にあり
ミイはその足を寄せようと(?)していました。
あまり痛くなかったのか泣いていませんでしたが非常に危険です~~~~。
その後、いつものように防波堤の私は二人の間に寝たのですが
タイの足が私の腹の上にも乗っかってきて目を覚ましました。
結構衝撃がありました。
ミイ、本当に大丈夫だったのかしら。

起きていても寝ていても危険な男です(苦笑



普通に。


お座りで遊んでいたミイ。

ちょっと目を離したすきに

普通に、ごく自然に

つかまり立ちをして遊んでいました。

ビックリ!(笑

人の身体につかまって立つことはあったけど
すべて自分の力で立っち出来たのははじめて♪


キス(ちゅう)魔


手に足にほっぺにおでこに
風呂に入ってはお尻に(ーー;
そして唇にも「ちゅう」されました。
   (↑首を傾けたりして本格的?!)

私「ちゅうは大好きな人にするんだよね。」

タ「うん。」(^^)

先日も嫌いと言われたので
大好きだと確認できて安心したり(笑


保育園でも女の子と「ちゅう」しているらしいです。
でもいつも「受け身」らしいのですが(笑


その後


先日、おでかけした日の出来事。

帽子のゴムを思いっきりひっぱって

遊んでいたミイですが、

その数秒後

大泣きしました。

そうです。
ゴムから手を離したので
ゴムが勢い良く顔を直撃したのでした(泣

嫌な遊び


「TくんとSくんに逮捕されるの。」と言っていたタイ。

それが楽しいのか嫌なのかわからなかったが
朝保育園について、S君を見つけると「あのー、今日は逮捕しないんでしょうか~。」と
まるで御用聞きのような態度でわざわざ自分から話しかけていたので
「逮捕ごっこ」は楽しい遊びなのだろうと思った。
さっそくキックされていたのが気になったが・・・。
帰りにそ「逮捕ごっこ」について聞いてみると本当は嫌だが嫌だと言えず、
キックやパンチされながら逮捕されていると言う。
それって・・・子分? いいなりなの? 嫌でも遊んでもらいたいの?
遊びの一部かもしれないけど、いつも「逮捕される側」ってどうなの?
「嫌なら嫌って言った方がいいよ。」とは言ってみたが小心者のタイには言えないだろう。

確かに私も子供の頃、遊びたくない友達と遊びたくない遊びをしていたこともあったし
子供同士の付き合いと言うか、子供の世界なりに複雑(?)な人間関係もあるのかも。
それでバランスがとれていればいいのかも知れない。
タイも喜んで保育園に行っているので良しとするか。

それにお昼のお弁当のご飯も「大盛りで。」と注文がくるので
お腹をすかせて元気に遊んでいるってことだよね。

楽しいお風呂


小さなおもちゃであきたらず 
風呂桶を持ち上げてかぶりつく。

お風呂のお湯では手でちゃぷちゃぷ。 
いや、かなりジャブン、ジャブンかな(笑 
シャワーのお湯も気になるようで 
掴もうとするが掴むことができず 
シャワーの柄を奪い取りかぶりつき
大量のお湯が口の中に入ってむせちゃったり。 
毎日、やっているよ。 
学習しろよ。って、まだ無理?(笑

タイも一緒に大騒ぎしながら
楽しいお風呂タイム♪  ふう~。

お互いに


タイはよくミイのほっぺを手ではさんでぶに~っとします。

それでも嬉しそうなミイ。

ミイもタイの顔や頭をわしづかみみたいにします。

それでも笑っているタイ。←余裕。

二人とももっと大きくなると
エスカレートして笑っていられなくなるかもよ~。


●今日の保育園
今日は「逮捕ごっこ」をしなかったようだ。ほっ。
かわりに「ボウケンジャーごっこ」をして、タイはボウケンレッド(主役級?)の役だったと言うので「よかったね~。」と言うと、本当は「ボウケンシルバー」をやりたかったと言う。なかなか理想の役にはありつけないタイなのであった(苦笑

同じクラスの子で雲梯を全部(20こ)出来る子がいる。タイは7~10こくらいしかできない。その度に「タイは身体が重いから~。」「まだ4歳だから~。」と言い訳するタイ。
※ちなみに全部できる子は4月生まれで5歳。タイもあと11日で5歳ですが(笑




キスマーク


私の身体の腕や肩や首の近くに
キスマークがついています。

お相手は我が娘です。

お風呂の時など眠い時間帯なので
よくちゅうちゅうされます(笑


●今日の保育園
お迎えの時、園庭でお友達と思いっきり遊びました。その時間帯は気温19度で園庭は日陰となり、結構寒かったです。タイはもちろん汗だくでしたけど~。




魔法の薬


「かめのよだれと
 きんぎょのおしっこと
 せんざいとかみのけいっぽん
 ガーゼのおつゆをまぜまぜして・・・
 まほうのくすりのできあがり♪」

マジレンジャーの翼のまねっこで
魔法薬を作っていたタイ。

「それは何に効く薬なの?」と聞くと
「怒られても泣かなくなる薬だよ!」とのこと。

いや、それより・・・
「怒られないようにおりこうさんになる薬を作ったほうがいいよ。」(母の希望)と
アドバイスしておきました(笑


■今日の保育園
今日の帰りも肌寒い園庭で汗だくで遊んできました。Aちゃんという女の子とタイでたったふたりだけのボウケンジャーごっこでした。それもただ走り回っているだけの・・・(笑





獲物発見


ミイは自分好みの
めずらしいものを見つけると
夢中でとりにいきます。

お風呂の入っている時、
ちょうどミイの目線のところに
立って遊んでいるタイの
お◯ン◯ンがありました。
それに気付いてしまったミイは
ガシッと掴んで
ビヨヨヨ~~ンとひっぱっていました。
容赦がありません。


 ←参加しています。

ミイがやってくる


ばたっ(手をつく音 
ずりっ(身体を引きずる音 
どたっ(腹が床につく音 
がしっ(タイのおもちゃをつかむ音 
 
タイが工作(広告の剣作り)をしていても折り紙をしていても、 
ロボットの戦いごっこをしていても 
ミイはどこからともなくやってきます。 
    (↑ 隣でおもちゃで遊んでいただけですが^^) 
そしてタイの剣を折り紙をロボットを取り上げて食べようとします。 
そのたびに「ミイちゃんはダメ~~~~!!」と 
大声で怒鳴られたり紙の剣で叩かれたりしますが 
それでも泣くこともなくどこまでも目的を達成しようとするミイです。 
タイよ、これからますますミイのおっかけは執拗になりますよ(笑 
 
■ミイ 
まだ本物のハイハイではありませんが前進が上手になってきました。 
両腕を前方に伸ばし床に手をついて、 
足をジタバタしながら腕の力で身体を前に出します。 
更に前進しようとしますが、両腕を床から離してしまうので 
お腹がべたっと床に着いてしまいます。 
それからまた両腕を伸ばし床について・・・ 
それを繰り返しながら進むという感じです。かわいいです。 
それでもどんどん進めるようになりました。 
 
■タイ 
16日は保育園の運動会でした。 
去年は泣きっぱなしだったけど今年は元気に楽しく過ごすことができました。 
そしてその日の午後、初めて歯医者さんへ行きました。 
虫歯はありませんでしたが、右の奥歯が虫歯予備軍だそうです。気をつけなくては。 
17日はおばあちゃんと初めて芋掘りをしました。 
その後、収穫した芋で焼き芋を作って食べました。美味しかったです。ごちそうさま♪


 ←参加しています。

私のこと。


タイを産んだ後、産後ダイエットに失敗した私。 
ミイの時は気合いを入れて 
ワコール(!)のガードルを購入しました。 
しかし・・・ 
産後間もない頃は帝王切開の傷が痛み、 
その後はガードルを脱着する時間も惜しく 
そして暑い夏ははく気にもなれず 
もうすぐ9ヶ月が過ぎようとしています。 
下腹を見るたびにこれではいかんと思い 
今日おもむろに出してきてはいてみました。 
 
産後6ヶ月が勝負だと聞きます・・・・・・


 ←参加しています。


羽毛布団


朝晩めっきり涼しくなって
羽毛布団が心地よいです♪
ヌクヌクでしあわせ。

タイはそんなふかふかの布団を見ると
ダイブしやがります。
ザップーンって
プールじゃないですからっ!!
羽がでてくるからやめてくださいっ!!(懇願

それにして布団へのダイブって子供の本能かしら。
あ、そういえば何十年か前・・・。


 ←参加しています。


一発芸。


ミイの背中に

ミイのおもちゃを乗せて
   (↑料理用ボウルだけど)

「かたつむり!」だそうです。

時々、芸の小道具にされているミイです。

タイも小さい頃、うつぶせ状態で
折り曲げた足にボール(球)をはさんで
「かたつむり」をやっていました。


 ←参加しています。



タイ5歳


今日はタイの5歳の誕生日。

実家の父と私たちから
ボウケンジャーのおもちゃをもらい大喜びのタイでした。
(タイにはまだまだ欲しいものがたくさんあって
 19歳の誕生日まで欲しいものが決まっています。
 ・・・って親からプレゼントっていつまで?)

夜には義姉一家(5名)も来たので
とても騒がしい楽しい誕生日になりました♪

今日はとてもよい天気。絶好の稲刈り日和(笑
タイが産まれた日も雲ひとつない青空でした。
ああ、懐かしいなあ。
目を閉じるとあの日の一コマ一コマが脳裏に浮かびます。
あれから5年。
いままでいっぱいのしあわせをありがとう。
おめでとう。おめでとう。おめでとう。


ミイがお兄さんに?


「ミイちゃんは大きくなったら
 どんな お兄さんに なるのかな?」

タイのクラスのS君(男の子)に聞かれました。

どういう意味か聞き返したところ

「赤ちゃんの時は女の子でも
 大きくなったら男の子になるんでしょ?
 Sもね、赤ちゃんの時は女だったんだよ。」

思わず笑いそうになりました。

「残念ながらミイはずっと女の子かもしれないなあ。」と答えると

本当にがっかりしたように「ふーん。」とS君。

そういえば、タイもミイが産まれた頃
「いつになったらお◯ン◯ンが出てくるの?」と聞いていたっけ(笑

大人になってから性が決まる。
萩尾望都さんのマンガにそんなお話があったなあ・・・と懐かしくなりました(笑


タイのクラスのお友達は本当にミイを可愛がってくれます。
特に女の子ではTちゃん、男の子はこのS君。
毎朝、数人が抱っこさせて~と集まってきます。
人見知り進行中のミイもタイのお友達に抱っこされても泣きません。
やっぱ子供だと仲間だと思っているのかも知れないですね。


辛いっす


「早く」
「ダメ」
「やめて」
「あとで」

一日何回使っているだろう。
この言葉を使わないようにと思っても
ふと気付くと口から出ている。
自分に余裕がないからだと思う。
激しく自己嫌悪。

夕方、帰宅後は
夕ご飯の支度をして、食べさせて、
後片付けをして、お風呂の準備をして、
歯みがきをさせて、仕上げして、
お風呂に入って・・・
朝も朝で似たようなもの。

その間、タイが話しかけてきても
どれだけ真剣に聞いているだろう。
遊ぼうと言われてもほとんど相手ができない。

私が眉間にしわをよせて(?)あれこれやっている間
余裕のある義母が子供たちの相手をしてくれる。
楽しそうにしているタイ。
その途中、私はタイに嫌がる歯みがきをさせたり
風呂に入ることを促したり。

楽しく遊ぶのは義母で
叱ったり嫌なことを促すのは私。

こんな毎日の繰り返しじゃタイにとって「母」の印象はよくないよね。
辛い。
義母と楽しそうにしている姿を見るのも辛い。

本当は後片付けなんか後回しにして(子供たちが寝た後)
夕飯だってたまには総菜だけの食卓にして
30分だけでもふれあいたい。
だけど同居だとそうもいかないのが現実。

もっとゆとりを持って子供たち、特にタイに接したい。
そのためにはどうしたらいいか。
睡眠時間を削ること?

寝る時の絵本一冊。
これは続けていきたいと思うが
ミイの寝かしつけに失敗すると難しかったりする。

・・・とりあえず明日は意識して笑顔で。


※親の手をかりず夫婦だけで子育てをしているお母さんたちには頭がさがります。
 きっともっともっともっと大変なはずです。
 私の悩みは贅沢な悩みかもしれません。


ターゲット


つい最近、ズリッバタッドテッとしながらも
なんとか前進が出来るようになったと思ったら
ここ2、3日の間にひざを立てて
ハイハイのカタチらしくなってきました。

自由に動けるようになったミイは
「猫のエサへまっしぐら!」です。

ますます目が離せません~~~。


お座り→ハイハイ→お座り→つかまり立ち→つたい歩きが
自由に出来るようになりました。
つかまり立ち→お座りはまだできないようです。
寝返りはほとんどしません。寝返り返りはできません。
それでも夜中にいきなり寝返っていて驚くことがありますが(笑


今日はタイへの叱ったり、必要以上に促すことが少なかったかも。

おにぎり


来週、園児たちだけの遠足があるので
その予行練習もかねて(?)
給食はレジャーシートの上で食べているらしい。
先生がお弁当箱のご飯を
おにぎりにしてくれたのだが
タイのおにぎりは隣の子の倍以上だったらしい。

先生曰く。
「タイくんのおにぎりは握っても握っても小さくならないね~(笑 」

そう、タイのお弁当のご飯は
私のお茶碗の大盛りと同じ量なのだ。

  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。